UNITED ARROWS LTD.

INTERVIEW

INTERVIEW:<Clothsurgeon> bespoke for monkey time

2015.02.14NEW
INTERVIEW:<Clothsurgeon> bespoke for monkey time

ストリートウェアをクリーンに解釈し、サヴィルロウのテーラードスタイルとスポーツウェアを美しく融合させる事を目指すロンドンベースのメンズウェアブランド<Clothsurgeon>。

2012年にブランドをスタートさせて以来、ヒップホップアーティストのNasやKendrick Lamarなどが着用しその名を轟かせてきました。

<Clothsurgeon>はシーズンコレクションと同時にフルビスポークサービスを提供しており、デザインから生地選び、採寸まで、その人だけのためのエクスクルーブな洋服を作っています。

この春夏モンキータイムはそんな同ブランドとの「Clothsurgeon bespoke for monkey time」と題したコラボレーションコレクションを発表。

<Clothsurgeon>の得意な上質な素材で仕立てるスポーツウェアをモンキータイムがモノトーンで表現、品が良い新しいストリートウェアが完成しました。

今回は別注アイテムの発売を記念し、デザイナーのRAV MATHARU(ラヴ・マサル)が来日した際に行ったインタビューを公開いたします。

プロサッカー選手からデザイナーへの転身


mtbyspecial-20150215155726-44.jpg

 

イギリスのリーズで生まれ、その後最初のキャリアで<リーズ ユナイテッド>のチームにプロサッカー選手として在籍しました。

しかしサッカー選手としてなかなかうまくいかず、勉強を再度し直す事を決意。

学校ではファッションデザイン&テクノロジーの学科を専攻し、学士号を取得しました。

卒業後、ロンドンへ戻りデザイナーとしてのモノづくりをスタート。

某有名ストリートブランドで3年の勤務後、2012年に<Clothsurgeon>を立ち上げました。

 

"Cloth" + "surgeon"


学生時代パターンペーパーを切る際に、外科で使う手術用のメスの刃を使用していました。

それを見た教授が、私に「君は外科の先生みたいだね。(=surgeon)」と言ったのをきっかけにブランド名をつけました。

当時と変わらず、今も自らパターンを裁断し続けています。

 

<Clothsurgeon> が得意とするもの

 

mtbyspecial-20150215172841-550.jpg

 

<Clothsurgeon>はクリーン&コンテンポラリーなメンズクラシックウェアを提案しています。

デザインしている中で特に大事にしている事は、上質な“ファブリック”(生地)と“仕立て”。

時代の動きを見つつも、仕立ての基盤となるトラディッショナルなスーツやスラックスなどの要素を大切にし、現代の男性にも似合う服作りを心がけているのです。

一見ストリート要素のアイテムが多いですが、細かいデティールであったりカッティングの技術は、クラシックなアイテムに敬意を払いながら作っています。

 

<Clothsurgeon> bespoke for monkey timeについて

 

mtbyspecial-20150215172657-949.jpg

 

モンキータイムは現代の要素を取り入れつつ良質なアイテムを作っているというところで共感し、コラボレーションをしたいと思いました。

今回一緒に制作したコレクションでは<Clothsurgeon>のキーアイテムとも言えるスポーツウェアをモノトーンで別注。

モンキータイムチームと相談の上決めた上質なレザーとアイリッシュリネンを全面に使用し、アジアの方々にもフィットするシルエット作りを心がけました。

なかなか他では見ないクールなストリートスポーツウェアを表現できたと思います。

 

ミーティング後は益子焼を見に行きます

 

mtbyspecial-20150215172239-749.jpg

 

日本は素晴らしい場所と人がいる所です。

歌舞伎や相撲、寿司などの伝統的なものもありながら、新しいカルチャーも生み出されています。

日本人だからこそできる丁寧なモノ作りは世界に誇れるところだと思います。

 

実はは昔から日本の焼き物が大好きで、今回の来日の楽しみの一つは陶器店に訪れる事。

焼き物の中でも特に益子焼きが好きで、これから妻と一緒にお買い物へ行きます。

もちろんモンキータイムも既に観光済み。

定番のロングサーマルはありそうで他の国でもなかなか見ないデザインで、3枚購入しました。

 

メッセージ

 

mtbyspecial-20150215172454-699.jpg

 

日本の多くの皆さまが今回の<Clothsurgeon> bespoke for monkey timeを実際手に取っていただき、気に入ってもらえると嬉しいです。

私事ですが<Clothsurgeon>ではビッグなプロジェクトも始動しているので、次の来日の際はご報告できるように頑張ります。

本当に日本は"Amazing"な国ですね。

 

 

PHOTO:飯田祐介(interview)/Yuki Kohara(屋外)

RAV MATHARU(ラヴ・マサル)

Profile:

RAV MATHARU(ラヴ・マサル)

2012年に<Clothsurgeon>をスタート。
それ以前はプロサッカー選手という異色のキャリアを持つ。
今回は妻であり、仕事のパートナーでもあるパーヴ・ロータと来日。
短い滞在時間で、高円寺で古着屋巡りや東京タワーの観光なども敢行したよう。

MONTHLY ARCHIVES

HOT ITEMS

PAGE TOP

Copyright(C) UNITED ARROWS LTD., FDB. All Rights Reserved.